コピー機の見積りとニーズについて

コピー機を導入する時はリースを利用する会社は多いものです。



しかし、一言でリースと言っても、色々なリース会社が有ります。



会社が異なることでリースの特性上金利が異なっていたり、手数料が異なりますし、コピー機を導入する場合には保守契約の内容やその契約における費用について比較をしておくことが大切で、リース会社に対して見積りを依頼する事で費用を比較する事が出来るのです。



見積りは依頼をすることで作成をして貰えますが、コピー機の本体の価格だけではなく、色々な費用について明確に見積りに記載されている事により費用の総額などを比較する事が出来ます。

因みに、コピー機と言うのは決して安い物ではありませんが、ニーズに合った物を選ぶ事が大切です。



仮に、建設現場に仮設した事務所などで利用する場合など、一時的な利用になるためリースで契約を行う事で無駄な出費になることも有ります。



常に利用するのであればリースの方がメリットが有りますが、一時のみの使用となった場合には利用しない時の無駄が生じるからなのです。



この場合は、リースでコピー機を導入するのではなく、レンタルを利用する事がおすすめです。



レンタル品は利用をしたい場面に合わせて導入が出来るため、半年などの期間だけで利用する時などもレンタルの方がお得と言う事なのです。



また、レンタルの場合も見積りを依頼する事で費用などを比較する事が出来ますし、これにより会社の経費の節減にも役立つのです。

関連リンク

コピー機の見積り比較について

コピー機を導入しようと考えている場合には注意して比較をしないと誤った判断をしてしまう可能性があります。それはランニングコストに関するものであり、コピー機の選定には最も重要な要素であることが知られています。...

more

コピー機導入時の見積もりと保守契約

会社の中でコピー機を導入する場合、新品の製品を購入する方法、リース契約を利用する方法、レンタルを利用する方法、そして中古品を利用する方法などの幾つかの選択肢が有りますが、コピー機は仕事では必要不可欠な存在であるけれども決して安い物ではありませんので、導入コストを抑える意味において、見積りを作成して貰って比較をしていくことが大切です。新品の製品の場合は、代理店などで購入する形になりますが、お店により金額も異なりますし、見積りを依頼してお店毎の比較が大切です。...

more