コピー機の見積り比較について

コピー機を導入しようと考えている場合には注意して比較をしないと誤った判断をしてしまう可能性があります。



それはランニングコストに関するものであり、コピー機の選定には最も重要な要素であることが知られています。



そのため見積りを比較する際には相応の注意を要すると言えます。



まず物を購入する場合には本体価格を比較するというのが一般的な行動です。



しかしながらコピー機の場合には本体価格はあまり重要ではありません。



ある程度の差はランニングコストに容易に吸収されてしまいますので、ランニングコストでの比較をすることが最も重要であると言えます。



見積もりにおけるランニングコストの比較は消耗資材であるトナーやプリントの料金で考えるのが良いでしょう。


もしもトナーが買取式であるのであれば、印刷一枚当たりの単価を推計して考えるとわかり安いでしょう。



近年ではトナーの買取は必要なく、単純に印刷した枚数分を請求されるというカウンタ料金性を採用しているケースもあります。見積もりにはその辺りが明記されているものですので比較しやすいものであると言えるでしょう。

このカウンタ料金は一見お得に見えますが、落とし穴もあります。



一般的に見積もりの段階ではA4の用紙に5%印刷を想定した料金を設定しています。

もしも印刷物の多くがA3サイズなど大きなものであったり、べた塗りの様な印刷で5%以上の面接にトナーが使われる様なものが大半であればカウンタ料金が有効ですが、文書の様に白い部分が多い印刷物の場合にはトナー買取の方が有利である場合もあります。

関連リンク

コピー機導入時の見積もりと保守契約

会社の中でコピー機を導入する場合、新品の製品を購入する方法、リース契約を利用する方法、レンタルを利用する方法、そして中古品を利用する方法などの幾つかの選択肢が有りますが、コピー機は仕事では必要不可欠な存在であるけれども決して安い物ではありませんので、導入コストを抑える意味において、見積りを作成して貰って比較をしていくことが大切です。新品の製品の場合は、代理店などで購入する形になりますが、お店により金額も異なりますし、見積りを依頼してお店毎の比較が大切です。...

more

レーザーコピー機の見積もり

レザーコピー機って家庭にふキュしていない分、家庭に普及しているインクジェットプリンターに比べて値段が張るような感じがします。確かに最初のコストだけを考えてしまってはそうかもしれません。...

more