コピー機導入時の見積もりと保守契約

会社の中でコピー機を導入する場合、新品の製品を購入する方法、リース契約を利用する方法、レンタルを利用する方法、そして中古品を利用する方法などの幾つかの選択肢が有りますが、コピー機は仕事では必要不可欠な存在であるけれども決して安い物ではありませんので、導入コストを抑える意味において、見積りを作成して貰って比較をしていくことが大切です。
新品の製品の場合は、代理店などで購入する形になりますが、お店により金額も異なりますし、見積りを依頼してお店毎の比較が大切です。



リース契約の場合も、リース会社により手数料や金利などが異なるため、見積りを依頼する事で安く導入できるか否かを決めることが出来るのです。



尚、コピー機と言うのは精密機器に属するOA機器です。



故障が起きた場合の事も考えておく必要が有ります。
故障をした時には、サービスマンがオフィスに訪れての出張修理が行われますが、出張修理では故障を直す事が出来ない場合は、メーカーなどに依頼をしての修理対応となります。



コピー機を導入する場合にこの修理費用の事を考えておかないと、後から修理にかかる費用が高額になってしまい、経費を圧迫すると言う事態も起きてしまいます。



これを防止する方法として用意されているのが保守契約なのです。



保守契約は契約内容が異なりますので、コピー機を導入する時に比較をする事も大切です。



また、契約内容はコピーの頻度などに応じて割高になった利する事になりますので、1か月にどれくらいの枚数のコピーを行うのかも考慮する事が大切です。



関連リンク

コピー機の見積り比較について

コピー機を導入しようと考えている場合には注意して比較をしないと誤った判断をしてしまう可能性があります。それはランニングコストに関するものであり、コピー機の選定には最も重要な要素であることが知られています。...

more

レーザーコピー機の見積もり

レザーコピー機って家庭にふキュしていない分、家庭に普及しているインクジェットプリンターに比べて値段が張るような感じがします。確かに最初のコストだけを考えてしまってはそうかもしれません。...

more