勤怠管理の原則的なことは

勤怠管理は企業であれば、確実に必要になる行為です。

要するに何時に出勤して、退勤したのかを記録します。遅刻、早退、残業などの管理もします。

こうした勤怠管理は紙でもよいですし、それこそ、完璧に覚えていられるのであれば、担当者が頭で覚えておいても良いです。しかし、事実上そんなことは不可能ですから、基本的には今はコンピュータ化しています。

これにはいくつかの利点があります。


一つは勤怠管理は、そのまま給料計算のデータとして使われるので、コンピュータであればすぐに適用できます。

設定を色々とやらないといけないわけですが、一度決めておけば後はそれに従って自動で計算をしてくれます。

勤怠管理のコンピュータ化は事務の効率性を非常に高めてくれますから、極めてお勧めできます。



今でも紙のタイムカードでやっているところもあります。別に悪いわけではないです。十数人程度の企業であればその方が早いこともあります。


一々、コンピュータシステムを導入するほうが大変なことも多いからです。

ロケットニュース24の情報が欲しい方必見です

ですが、大企業であれば確実にコンピュータで勤怠管理をしたほうがよいです。
それが事務の手間としては、メリットが大きいです。

勤怠の管理は公正であり、厳格である必要性があります。

但し、色々と事情がある場合は融通を利かせることも重要であり、意外と一律で管理をするのが難しい場合もあります。



後からデータが簡単に修正できるようなシステムがよいです。


但し、その権限がある人のみが修正できるようにしないと駄目です。